闇金貸金業法

闇金トラブルは一人で何とかしようとは思わずに専門家と共に対処するべきです

貸金業法で決められている金利の上限は20%と定められています。
法律で認可を受けている貸金業者はこの金利の範囲内でお金を貸していますが、闇金業者は都道府県に貸金業としての届出を行なっておらず、違法に法律で定められた以上の金利でお金を貸しています。

 

よく電柱やトイレなどに貸金業者の電話番号が貼られている事がありますが、許可を取っている貸金業者は必ず固定電話を持たなければいけないといまっています。
そういった場所に貼られている広告に書かれている電話番号が携帯番号の場合は、闇金だと思って間違いありません。

 

闇金では10日で1割、10日で5割などかなり高い金利を取るため、1度闇金からお金を借りてしまうと返済するのはかなり難しくなります。
借金の返済が滞れば容赦なく取立てが行なわれます。

 

闇金の取立てはかなり厳しく、返済が滞ると家庭はもちろん勤務先まで現れます。
また家族に内緒で借金している場合は家族にバラすと脅され、もし本人に支払能力がないとわかれば親や親戚、職場の上司や同僚などどこへでも取り立てに来ます。

 

また闇金でお金を借りて返済できずにいると、犯罪の手伝いをさせられたり、さらに高い金利でお金を貸す闇金を紹介され借金をして返済させられる事もあります。
甘い考えで手を出してしまうと一生借金と手を切れなくなるのです。

 

昔と違って最近のキャッシングは審査に関して厳し目になってきている現状がありますが、それは複数の業者から借り入れをして返済不可に陥り自己破産者が多数発生しているという状況を改善するため、貸金業法が改正されたためと考えられています。
そうなってきますと法律を守っているキャッシングの審査に通らないという方が増えるということになるのですが、そこに目をつけたのがいわゆる闇金というもので、法律を完全に無視した営業を行う業者の存在が増えてきたんです。

 

闇金の金利は出資法で定められている金利をはるかに超えるようなもので、金利分を返済することさえ出来ないくらいのとんでも無い暴利で営業している闇金もあるくらいです。
どうしてもお金を借りているという負い目があるため債務側は受け身になってしまいがちですが、法律を無視した闇金から借りたお金というのは返す必要が全くないということをご存じでしょうか。

 

これを知らないという方が意外と多いためさらに借金が膨らんでしまうケースが多いのですが、きちんと弁護士さんや司法書士さんのサポートを受ければ恐れることはないのです。
闇金は法律を守らないならず者集団ですから一人で何とか対応しようとは思わずに、法律の専門家の方の力を借りて一緒に対処していくことが欠かせません。

闇金と弁護士への相談の内容とは

現代の世界には違法な借金なども多く存在しています。
人生にはお金が必要なケースがあり、様々な手段が用意されているのが現実です。

 

そして、中には闇金などを利用して問題になる場合もあります。
これらの借金に手を出した場合、法律などの問題に直面することは必至です。

 

一般的に闇金とは正式ではない借金を提供する業者です。
そのため、ここでは人権などを考えない催促などが行われています。

 

また、そういった問題で話題になるニュースなども多く、一般的にも恐れられているのです。
しかし、闇金は緊急のケースにお金を貸してくれるため、意外に利用している人間が多いのが実態です。

 

闇金で恐ろしいのがその金利などの高さです。
ここでは法律などを無視したコストが加算されているため、一度でも借金をすると多くの支払いをする必要があります。

 

また、これらは期限などを守らないと大きく増加するシステムになっています。
そういったシステムの悪循環にはまった場合は、素直に弁護士に相談するのが重要です。

 

日本の弁護士は闇金などにも広く対応しています。
また、ここではお金の支払いを巡る裁判なども行われるため、弁護士の協力は必要になります。

 

闇金の支払い等で法律が介入した場合は、優秀な弁護士に助けを求めるのが一般的です。

 

 

 

闇金にも便利な活用法がある

闇金は、お金を借りる方法の中でもタブーとされている存在です。
一般的なキャッシングやカードローンが必要以上に忌避されることの原因は主にこの闇金にあり、裏を返せば多くの人がイメージしている借り入れサービスを体現したものが、闇金であるともいえるでしょう。

 

テレビドラマで描かれるような強固な取立てを行っていたりもする、極めてグレーな基準を持つ金融です。
とはいえどんなサービスにも存在意義というものはあるもので、よくないイメージばかりがある闇金にも、便利に使用できる瞬間はあります。

 

それはどこの銀行や消費者金融の借り入れ審査も受からず、それでも即日でお金を用意しなければならないとなった時です。
闇金からお金を借りるのは、とてつもなくリスクの高いことです。

 

日割りで利息がつくことも覚悟しなければなりませんし、万が一延滞などした暁には、とんでもないトラブルとなって襲い掛かってくる可能性がないわけではありません。
それでもお金を借りなければどうしようもないとき、そんなときだけは闇金の存在が力になることでしょう。

 

正し利用はくれぐれも計画的に、多くのお金を貸してくれるといわれてもそれに乗らず、必要な分の借り入れのみを行って、速やかに返済を終えられるよう全力を尽くしてください。