毎月安定した収入がある場合の債務整理

 

借金の返済があるというケースではないでしょうか

債務整理というとまずいちばんに思い浮かぶのが収入がまったく無い状態であるにも関わらず借金の返済があるというケースではないでしょうか。
こういった状態に陥ってしまったときには自己破産をする必要があるのですが、サラリーマンをしていて毎月一定の安定した収入があるという方ですと、任意整理や特定調停といった方法を利用することも可能です。

 

自己破産をしてしまうことで債務者は大きなデメリットを負ってしまうのですが、そこまでする必要が無い場合には任意整理や特定調停を利用した方が今後の生活のためにもメリットが多いのです。
任意整理は、債務者と債権者が交渉をして和解を目指すという方法、特定調停は債務者と債権者の間に裁判所が入って調停によって話し合うという方法です。

 

どちらの場合でも、借金額の引きなおし計算をしますので、借金が減額されることになります。
減額された正しい借金額を任意整理の場合は約五年間、特定調停の場合は約三年間の分割払で返済することになります。

 

借金を今後まったく返さなくても良いという状態になるわけではないのですが、今まで返しても返しても元金が減らなかったということにはならないので、毎月の返済は楽になります。

債務整理を行った方が良い人について

個人の方が消費者金融やクレジットカード会社からキャッシングをしてお金を借りたり、銀行系カードローン会社からカードローンをしてお金を借りて借金を行い、自力で返済が出来ない状態に陥っているケースが現在の日本においては珍しい事では無くなっているのを皆様はご存知でしょうか。
複数の消費者金融やクレジットカード会社、そして銀行系カードローン会社などから借金をしている多重債務の状態に陥っている人の多くが更に陥ってしまう状態が「自転車操業状態」と呼ばれる状態で、この状態は自力で消費者金融やクレジットカード会社、そして銀行系カードローン会社などへの毎月の借金の返済が出来なくなり、他社の消費者金融からお金を借りて毎月の返済を行っている状態の事を指します。

 

個人の債務者は多重債務状態で自転車操業状態に陥ってしまうと、ケースにもよりますがまず自分自身の力で借金を完済する事は難しくなります。
自転車操業状態に陥っていなくとも、自分で借金を返す事が出来ない場合には無理をせず借金問題に強い弁護士などに債務整理についてまず相談する事が借金問題を解決する近道となります。

 

自力で返済出来ない事を恥じる前に、まず弁護士事務所の無料債務整理相談などのシステムを活用される事をおすすめします。

債務整理を弁護士に依頼するメリット

借金に悩んでいる時には、債務整理を行ってみるとよいでしょう。
業者からお金を借りていると、返済できなくなってしまう場合もあります。

 

この場合、返済するように業者からの連絡が来るようになるのですが、弁護士に相談することで返済の催促を辞めてもらえるようになるのです。
弁護士が正式に依頼を受けることで、依頼通知を業者に送れるようになってきます。

 

この時点で、業者が取り立てを行うことはできなくなってきますし、支払を行う必要もなくなってきますので、生活も楽に送れるようになるのです。
債務整理については、自分の力だけで行うことはできるのですが、法的な知識がないと難しくなってきます。

 

また、自分で債務整理を行った場合には、取り立てをとめることができなくなってしまいますので、この点でも困難が出てきてしまいますし、お金がない中支払いを続けていかなければならないのです。
債務整理については、自分で行うよりも弁護士に相談して依頼を行ったほうがメリットも大きくなってきます。
借金返済に強い弁護士をを探しならこちらです。

 

また、生活状況であったり収入によって最適な債務整理の方法についても提案してもらうことができますので、これからのことを考えても一番良い形で手続きを行うことができるでしょう。